S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

プロフィール

nanakusa812

Author:nanakusa812
はじめまして。nanakusaと申します。日々の事、2003年8月産まれの12歳の娘の事、2008年3月産まれの7歳の息子の事、大好きなお洋服やお料理作りの事をきままに記録しています。

mailはこちらからどうぞ^^

オーダー等はこちらからお気軽にご質問下さいね。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親の自覚。

こんにちは。
皆さん、お元気ですか?

しばらくお休みします・・・という記事を書いた後もこちらのブログに遊びに来て頂きありがとうございました。
すごくうれしかったです。

私が精神的に参っている・・・という記事を書いてしまったので、たくさんの方から心配してます・・というご連絡を頂きました。
心配かけてしまいごめんなさい。

気持ちが落ち着き、通常の生活に戻ったので記事にしたいと思います。

夏休みの後半に娘が手足口病になり、手足は本当にたいしたことがなかったのですが、口の中!
すごかったです・・・(涙)

口内炎のものすごく大きいのがたっくさん出来てしまい、水を飲むのも痛い痛い!
と泣いて・・・・。
熱も38度~39度の熱が出っぱなしで。

それが3日目あたりに微熱に下がったのですが4日目のお昼くらいからまた熱が上昇。

口の中は顔の向きをかえるだけでも痛い!!とビクっと震えるくらい痛がって。

それでもくいしんぼうな娘はかろうじて右側だけ口内炎が軽かったのでそこに流し込んで食べました。
細かく細かくハサミで切って少しづつ・・・。

痛い!と泣きつつも水分だけはしっかりとっていたので、脱水は大丈夫な感じでした。
夜中もひたすら水分を取っている娘。

手足口病になってから口の中は2日目~3日目がかなりピークで中だけでなく、外から見てもほっぺが腫れてしまって、喉の奥もすごい炎症をしてしまいリンパ腺も腫れてしまいました。

4日目は特に左側のリンパ腺が腫れてしまい高熱が出始めました。

5日目、熱はまだ全然下がらず、かなり高熱。
リンパ腺は両方パンパンに。

鼻から膿っぽいのが出てくるようになり、膿が出てるってことはもう治りかけなんだなぁと。

6日目、もう下がるだろうと思っていた熱もまだまだ高熱。
明日はよくなる、明日はよくなると思っていても一向に良くならず・・・。

7日目、病院に連れ行ったら大きい病院に紹介されました。
息子と同じ病院へ。

血液検査の結果すぐに入院へ。

結局6日間の入院。
解熱剤を使わず自力でウイルスと戦わせてがんばりましょうと先生。
熱は11日間出続けました。

息子と違い、なんでも分かる歳。
夜の7時にバイバイするときが本当に辛かった。
本当に胸が張り裂ける思いでした。

夜寝ていても、ずっと気になり、娘のことばかり考えて心配の毎日を過ごしていました。

3時からの面会。この時間まで本当に長かった。
じっとしているといろいろ考えてしまうのでひたすらうろうろ何かしていないと落ち着かない感じでした。

結局手足口病になって体力が低下している体に違うウイルスが入ってしまったようでした。
先生からは風邪をこじらせてしまったと思って下さいと。
本当にひどい風邪でした。

またもや自分は弱い母親だったなぁと思い知らされました。
息子の入院の時に強い母親になろう!と心に決めたのに。

今回の入院で落ち込んでいる私を見て、

母が「入院するっていうことはあの子にとって経験しなくてもよかった事かもしれないけど、でも、自分が辛い思いをした分、人の痛みが分かる優しい子になるんだからね」と一言。

なんだか救われたなぁ。

そうか、そう思おう。

人の痛みが分かる優しい子。

いい言葉だな。

そして、私も主人も、常に責任をもった親であろう、という話は常々しているけれど
でも、息子の時よりもっともっともーーーっと

命の重さ、
子供を育てる責任の重さ、
いろんなこと、軽く考えていた部分、甘く考えてた部分あったと思う。

重さ・・・を感じていかないといけないんだな。と改めて思いました。

そして、親の見極め。
周りがどんな事を言っても、周りが大丈夫って言っても、
自分が小さい事でも、何かが違うって思ったら、それを信じて、自分が思う行動をしなくちゃいけないんだと思う。

それが親。

いつも一緒にいて、子供の変化を見逃さないように。

体調の変化もそうだけど、精神面も全て、全身全霊で子供を守りたい。

愛しい愛しい私の宝の娘と息子。
無条件で愛してくれる存在が二人もいる。

今回も思ったけど、強い母親でありたい。
どんな事にも動じず子供達を不安にさせないような母親でありたい。

どれも全然まだまだあてはまらない。未熟な母親。
我慢しようとしても涙が溢れてきて、思うがままに涙を流してしまう私。

弱っている体でお話するのも力なかった娘が実家に預かってもらっている息子に授乳しに行っている時、パパに「ママ泣いてないかな」と私の心配をしていたと聞いて本当に強くならないとダメだなと。
もっともっと頑張らなくちゃ。
愛する子供達の為に。

そしてパパかママがいないとお泊りが出来なかった娘。
帰る時、泣いて泣いて、私を困らせる事・・・も一度もなかった。

ただ目を真っ赤にして、力なく、「明日また来る?」と一言。

連れて帰りたい、抱きついて眠りたい・・・。
何度も何度も思いました。

でも、お泊りが出来ないあの子が頑張ってる。
今は帰れないんだ。という事を小さいながらちゃんと理解していた。

息子が産まれて、娘はもう何でも出来る・・・と思っていた私。
ベッドに横になっている姿を見て、まだまだこの子は小さい。

私とパパの中でもっともっと守って、たくさん抱きしめていかないと。

甘やかす・・・じゃなく、一人の人として。

入院の後遺症なのかまだ精神面が不安定な娘。
心配するところもあるけれど、静観する・・・ことも大事。

私も頑張らないと。
バザー。 | HOME | 娘 5歳になりました

Comment

がんばったね、つらかったね。
娘ちゃんも、そして、ママも。家族全員にとって・・・。

でもでも・・・。うんうん、そうだね。

私もそう思うよ。

人の痛みが分かる優しい子。

これは、子どもだけでなく、大人も同じことが言えるもの。
ほんとうに、それは体験しなくては分からない事って多いもの。
体験しなくてもいいこともあるけど、出来れば体験したくないけど、なんでも、して見ないと本当のこと、本当のそのときの気持ちはわからない・・・。

娘ちゃん、えらかったね。
辛いけど、その頑張りが 帰って辛く感じることもあるけど、やはり、がんばりに助けられた事はたくさんあるとおもうんだ。、いっぱい認めてあげたいね。

下の子が生まれると、上の子って かなり大きいって思えちゃう。今思うと、その時期は かなりまだ幼い時期のはずなのに・・・。その気持ちすごくわかるよ。1.2年間、我が家の息子は、2歳半~4歳ぐらいまで、結構がまんして つらい思いもしてきたはず。
でも、さりげなく優しくできる息子になったよ。
温かみがある息子になったよ。
自分でも、そう言い聞かせないと、時々ふっと涙があふれそうになる私。
nanakusaちゃんは、本当に優しくて あたたかな優しいママで、私の理想だよ。

で。
手足口病。
我が家の息子が、3年前になった、ヘルパンギーナに似てるわよ!
ヘルパンギーナはね、手足口病のウイルスに近いけど、やや方が違うの。でもって症状も毎年全く違うんだけど、我が家の息子、医者も驚くほどひどい症状になったわ。
10日以上も口内炎で苦しみ、毎日、痛いよ~痛いよ~、ママ明日直る??って聞かれて・・・。

医者では、この痛みを抑える薬はないんですよ。
ヘルパンギーナはかなり痛いですが、耐えてもらうしか・・。っていわれてねぇ。医者に頼み込んで 何とかいただいた 口内炎に塗る薬。それを気休めに塗ってやってました。

口の中が、100個近い口内炎に鳴り、歯ぐきも舌もなんだかこの世のものとは思えない症状になったよね。
熱も、かなり続きましたよ。
でも、10日以上も続いただなんて、本当に大変だったね。

我が家も、、園に通いだして1年間は、なぜかキツイ病気にかかりまくっていましたが、昨年、かかりまくったおかげか??今年は、平穏無事??です。(子どもの病気に関しては・・・。)


nanakusaちゃんちも、これから、元気な毎日がつづきますように!
いのってるよ!

大変な時期なので、お返事はいらないよ~!
ではでは、無理しないでね。
温かな家族の愛に包んでやりながら、娘ちゃんも、そしてママもご家族みんな、ゆっくり、できるだけからだをやすめてくださいね。by bonbon
2008/09/05 17:14 | URL | bonbon #2qaJ23q. [ Edit ]
nanakusaさん、こんにちは。
前回の記事から「どうしてらっしゃるかなあ・・・」と心配していたのですが・・・そんな大変な事があったのですね。
娘ちゃん、よく頑張りましたね。
手足口病・・・ウチの子達は未経験ですが、こちらでもこの夏よく耳にしました。
大丈夫ですよ。nanakuさんは未熟なママさんなんかじゃありません、こちらのブログでnanakusaさんがお子さん達の事をしっかり暖かく見守っている素敵なママさんだって事がよ~く分かりますもの・・・
私はnanakusaさんよりちょっと(いや、かなり。笑)長く生きてるし、ママ業も少し長いですが、子供達に何かあったり、辛い事があると、ど~んとなんて構えていられません。きっと皆さんも一緒だと思います。
病気と闘った娘ちゃんも、看病に家事に育児と忙しかったnanakusaさんも、息子ちゃんも、旦那様も・・・家族皆で頑張って乗り切りましたね。
娘ちゃんもそのうち落ち着きますよ、大丈夫、大丈夫。
体も心もゆっくり休めて下さいね、ね、nanakuさん。
2008/09/06 17:11 | URL | Mami #dZ2c3wmQ [ Edit ]
お帰りなさい~!
nanakusaさん、戻っていらっしゃるのをずっと心待ちにしておりました!
yukkaさんのブログで、nanakusaさんのお名前が出ていらしたので、娘さんが元気になられたのだと、ほっとしました。
本当に大変な夏休みになってしまいましたね。
心身ともにお疲れのことと思います。

娘さんもきっとつらい思いをした分、ママや家族の愛情もたくさん感じられたのではないでしょうか。
元気になられて、本当によかったですね。
こころの元気がはやく戻りますように・・・。
2008/09/09 00:09 | URL | poppo* #- [ Edit ]
nanakusaさん。
大変でしたね。辛かったね。
本当にママの気持ちが痛いほど伝わって涙が出ました。
娘ちゃんもご家族もみんなで頑張って戦ったんですね。
手足口病がこんなに大変だとは・・・知りませんでした。bonbonさんのいわれるようにヘルパンギーナに似ていますね。
そう、赤ちゃんができると上の子がすごく大きく見える錯覚・・うちも確かにありました。いまだに後悔している自分・・。
まだまだたかが生まれて4,5年なんだよね。
守ってあげなきゃならないよね。
でも、なってみなくちゃ、やってみなくちゃ分からないことまだいっぱいあるし、人生に無駄な経験って一つもないんだって聞いたことがあるよ。どんな経験も必ず無駄で終わらない、得るものがあるってことだろうね。
これからのnanakusa家により一層の幸せ時間が訪れますように・・こころから願っています★
2008/09/09 05:17 | URL | miyu #pJfCQZiE [ Edit ]
nanakusaさん、こんばんは。
お久しぶりです。

大変でしたね。。。読んでいて涙が止まりませんでした。お辛かったですね。

私も、下の子が生まれてから、上の子がとても大きく見えてしまい。ついつい我慢ばかりさせてしまっています。

先日、何でこんなに言うこときかないのかと、行き詰っていたた時に、こんな言葉が目にとまりました。

「3歳の子に、お母さんは何を期待しているの?まだまだ赤ちゃんに毛が生えた程度なんだから、できない事が多くて当然でしょ」と。。。

本当にその通り。。。。

深く反省しました。それと同時に、私の気持ちもすくわれました。

考えてみれば、私だってまだ一人前の母親ではないのだし。。

nanakusaさんの娘さん、本当に頑張りましたね。そして、nanakusaさん、お疲れ様でした。

私も娘さんは、「人の痛みの分かる優しい子になる」と、思います。

これからも、お互いに子育て頑張りましょうネvvv
ブログもまた楽しみにしていますネ♪
2008/09/09 21:41 | URL | ru- #MMIYU.WA [ Edit ]
nanakusaちゃんへ。

本当に、本当に、大変だったね。娘ちゃんを置いてお家に帰るの、身をちぎられるような辛さだったと思います。娘ちゃんもよく、乗り切ったね。しばらくお家で、べったり、ゆっくり過ごせるといいね。入院後は基礎体力が落ちているから、大事をとってね。健康は当たり前じゃなくて、感謝すべきことだよね。nanakusaちゃんも身体を大事にね。お互い頑張ろうね!
2008/09/13 19:07 | URL | MARIKOTT #DIRlQSdA [ Edit ]
bonbonさんへ。

こんばんは!
お返事が遅くなりました。

最近、寒くなったり暑くなったりで久しぶりに風邪を引いてしまいました。
まだ声がハスキーです。

たくさん心配ありがとう。
娘は元気だけど、精神的にはかなりダメージを負ったようで幼稚園でも先生と行動している事が多いみたい。
大人の誰かにくっついていると安心するみたいで、先生もそれで不安がなくなれば・・・と言ってくださって。

見えないところで心配しててもしょうがないので、先生とこまめにコンタクトをとるようにしてお願いしちゃってるんだ。

そう、この入院を経験してから、バス停で一緒のお友達がお風邪で休むって。と言うと「どれくらいの風邪?」と必ず聞くの。「軽いって」と言うと「良かった~!!!」と。

自分が辛い経験をするとそういう気持ちになるんだ。と
彼女にとっては辛いだけだったかもしれないけど、私は無駄ではなかったな。と。

それでね、この手足口病になってから、そうだ!!とbonbonさんのブログを読みあさったよ(笑)
これって手足口病じゃなくカズくんがなったヘルパンギーナ??と思ったもん。
でも、手足に発疹が出てたしね。病院でも手足口病って診断されたからね。

口の中は本当にすざましかった。
ありえないくらいびっしりとなって・・・・。
その後、リンパ腺の腫れもすごいし、目の腫れもすごくて半分くらいしか開かなくなって・・・。
もう娘の顔が違う人みたいになっちゃって。

思い出すだけでブルーになってしまいます・・・。

ほんとものすごい夏休みでした・・・。

今は娘の気持ちを優先して見守っていこうと思ってるよ。
いろいろ悩む事もたくさんあるけどね。

心温かいメッセージありがとう。
みんなの読みながらまた涙涙でした。

ゆっくりそちらにも遊びにいくね。
2008/09/13 20:02 | URL | nanakusa #- [ Edit ]
Mamiさんへ。

こんばんは!
お返事が遅くなりごめんなさい。

久しぶりに風邪を引いてしまいました。
母親って寝込んでられないので気合で治すしかないですね・・。

こちらはかなり手足口病が流行りました。周りでならなかった・・・という子の方が少ないくらい。

私はまだまだ未熟者です。
娘に心配されてしまうんですから・・・。
それを聞いたときに本当に凹みました。

でもMamiさんがおっしゃっているように、みんな一緒。という言葉に元気が出ました。

いつも私が落ち込んでいる時に、大丈夫大丈夫と優しく肩をぽんぽんとしてもらっているようで、本当に心が落ち着きます。
本当にありがとうございます。

娘がどんなに辛かったか、離れた時の気持ち、いろいろな思いを忘れないようにしたいです。
2008/09/13 20:12 | URL | nanakusa #- [ Edit ]
poppo*さんへ。

こんばんは!
そしてただいまです。

あの時は素敵なプレゼントとメールをありがとうございました。
ちょうど、入院先から息子に授乳をしに戻った時に受け取りました。とにかく急いで行動をしていたので車の運転の信号待ちで封を開けました。

嬉しくて嬉しくて涙が出てしまいました。
落ち込んでいた私の気持ちに温かい気持ちがふっと入ってきたようで。

大事に大事に使わせていただきたいと思います。

たくさん心配もありがとうございました。
お返事も出来ずに今日まで来てしまいました。
本当にごめんなさい。

今は母親として出来ることを精一杯したいと思います。
相談にのってくださいね。
2008/09/13 20:18 | URL | nanakusa #- [ Edit ]
miyuさんへ

こんにちは!
お元気ですか?
お仕事や育児などお忙しいのにメッセージありがとうございます。

人生に無駄な経験はない…。本当にそう思います。
その時はどうして二人がたて続けに入院なの?
二人も宝物を授かったのに、子供がいるからなかなか行きたいところに行けないなぁなんて思ったからだ…と責め続けました。

でもこの経験で、二人がいるだけで幸せ、平凡な毎日がどれだけ幸せか身にしみて感じました。

そう、手足口病とヘルパンギーナって症状似てるみたいです。手足のプツプツの有無で判断するらしいです。

集団生活していればしょうがないのでしょうけど、幼稚園入ってから風邪ばかりひいていますが免疫をつけていくしかないんですもんね。

今は娘の精神面も不安定なので見守っていきたいです
2008/09/15 11:00 | URL | nanakusa #- [ Edit ]
ru-さんへ

こんばんは!
いつも遊びに来て下さりありがとうございます。

娘は退院の翌日に五歳を迎えましたが、もう五歳じゃなくてまだ五歳なんだな…と思いました。

下の子が産まれて、もう何でも出来る…と思い込んでいました。
まだまだ「ママにしてもらたい」事がたくさんあるのに、その気持ちを理解せずに…ううん、頭のどこかではそのサインに気付いていたのに、自分の大変さを先にして、娘の気持ちに聞こえないふりをしていたと思います。
もう少し肩の力を抜いて育児が出来ればもっとスムーズにいくんでしょうね…。

ru-さんのblogを読むとあぁ同じ気持ちだなぁと思って心強いです。

これからも同じ誕生日の息子をもつママとして仲良くしてくださいね!
2008/09/15 20:06 | URL | nanakusa #- [ Edit ]
MARIKOTTちゃんへ

こんばんは!

↓にもコメントくれたのに長い間、返事もしないままでごめんね。

そしてありがとうね。

MARIKOTTちゃんのblogに書いてあるように、本当に特別なものなんていらない、平々凡々な毎日が1番の幸せだと心から思います。

産まれる前は元気でいてくれれば男女どちらでもいい。と思っていたのに成長していくうちに、あれができないこれができないと勝手な事ばかり言ってる自分がいて。

今回の事でまた気持ちが初心に戻り、今の幸せに感謝の気持ちでいっぱいになったよ。

娘は本当によく頑張ったと心から思います。
まだまだ気持ちが不安定だけど見守って行きたいと思ってます。

おやつを食べながらMARIKOTTちゃんのblogに遊びにいきます(笑)
2008/09/15 20:17 | URL | nanakusa #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。