S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

プロフィール

nanakusa812

Author:nanakusa812
はじめまして。nanakusaと申します。日々の事、2003年8月産まれの12歳の娘の事、2008年3月産まれの7歳の息子の事、大好きなお洋服やお料理作りの事をきままに記録しています。

mailはこちらからどうぞ^^

オーダー等はこちらからお気軽にご質問下さいね。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

願い

私に出来る事はなんだろう。

模索する毎日。

募金 節電 祈り。

個人で送ることの出来ない物資の支援。
ある会員になっている生地屋さんが 窓口になって 子供服などの物資を届けて下さるとの事。
姉やお友達に声をかけて 暖かい上着などを集めました。

テレビや新聞を見ると 世界中の人達が、被災者を案じていることが伝わってきています。
世界中の願いが集まって日本は復興出来る!と信じています。

食品の買い溜めやガソリンの混乱など 今この時こそ みんなで助け合って譲り合っていかなくてはいけないんじゃないでしょうか。

冷静に 今は普通の生活に戻すことが大事なのかもしれません。

原子力 余震 いろいろ心配な事はたくさんあります。

まだまだ涙は止められないし、普通の生活をすると 罪悪感に苛まれます。
でも大人の私達が普通の生活をしないと 子供達が敏感に察知し 恐怖感を煽ってしまうのではないか・・。
と気付きました。

泣いて悲しんでるばかりでなく 自分が出来る限りの事をして そしてみんなの笑顔が戻るように
一緒に頑張りたい。

*********************************

原子力について

今からお話する事は あくまでも私個人の意見です。

小学校6年生か中学1年生の時に 広瀬隆さんの「危険な話 チェルノブイリと日本の運命」という本に出会い 
あまりの恐ろしさに 眠れない日があったりもしました。

広瀬さんの本を何冊か読んで 論文を書いたこともありました。

原子炉が炎をあげたと聞いたとき まず 広瀬さんの事を思い出しました。
ああ、本当に広瀬さんの言う通りになった・・・と。

思う事はたっくさんありすぎる程あります。
でも・・・・私はここから逃げるわけにはいきません。
政府が言う安全・・・という言葉を信じるしかありません。

勉強した分 本当は頭の片隅は信じていない自分がいます。
でも・・・・でも 子供の未来の為にも信じたい。

電気は原子力に頼らなくても発電します。
どうか・・・近い未来 原子力が必要のない国になりますように。
それを願うしかありません。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。